中学生の英語勉強法は?中学レベルの英語は実は簡単?

英語の勉強

小学校5年生から始まる英語ですが、小学校のうちはそれほど難しいことはしません。
またALTなど、ネイティブの先生も小中学校に入るようになりましたから、英語に触れる機会が増えています。

 

それでも中学校の英語は難しいと思ってしまうのは、覚える文法や英単語が多いからではないでしょうか。

 

しかも長文読解といった国語のような問題も出てきますから、余計に難しく感じてしまうのです。

 

そんな難しく感じる英語を簡単と感じるためには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょうか。

 

単元ごとの単語を覚える

 

英単語は日本語とは全く違うため、覚えるのが大変と言う子もいます。
ですが1つの単元で覚える単語は、それほど多くはないのです。

 

日本語を一から覚えるわけではありませんから、あなたが知っている日本語と英単語をつなげて考えてみてください

 

英単語帳を作って英単語を覚えるのもいいでしょう。

 

英単語の読み方の覚え方

 

そのうちアルファベット数の多い単語も出てきますが、アルファベットの読み方は日本語同様決まっています。
例えばaはアやエイですが単語になったとき語尾にeが付けばエイと読みます。

 

英単語の読み方には法則がありますので、基本的な法則を覚えておくと簡単と感じる子も多いのです。

 

文法の法則を知る

 

英単語に法則があるように、英文法にも法則があります。
基本となる主語+述語+目的語さえ覚えておけば、あとは応用していくだけです。

 

例えば過去形なら動詞をdidやedを最後につけるなどの基本、さらに不規則型の過去形を覚えればいいだけです。

 

不規則型の過去形動詞もtookやhadにbiganなどとそれほどありませんから、単語帳などにして覚えておくといいでしょう。

 

未来系になるときも、willが動詞の前に入るだけです。

 

基本的な文法を覚えておけば心配はない

 

さらに接続詞は先頭に入りますし、onやinなどは最後と覚えておけば文法の法則はほぼ変わることがありません。

 

もちろん接続詞や文頭に来る言葉で複雑な言葉もありますから、覚えておかなければならないものもあります。
ですがこちらもそれほど数はありませんので、構える必要はないでしょう。

 

長文はとにかく読んで慣れる

 

英語で一番難しいと感じやすいのが、長文読解です。
定期テストでも、教科書に載っている長文がそのまま出題され、穴埋めなどが問題として出てきます。

 

英語を日本語に訳してから問題を解こうとする子が多いため、時間が足りなくなってしまうと言うこともあるでしょう。

 

ですが英文読解は基礎さえ身についていれば、それほど難しいことはありません。
むしろ国語の読解問題よりも簡単という人もいるほどです。

 

基礎というのは単語と英文法のことで、今まで習ったものしか出てきませんので難しいことはないのです。

 

外部のテストや入試で分からない単語があっても、注意書きで単語の意味は記されているでしょう。

 

頭の中で翻訳できる力を身につける

 

英語を日本語に訳してから問題を解こうとすれば、どうしても難しくなります。

 

それよりは英語を読みながら頭の中で自動的に日本語に訳されるくらいに、英文法を身に着けていった方が効率的なのです。

 

そうすれば試験時間内に解き終わりますし、難しいと感じることもないでしょう。
もし苦手意識が抜けないと言う場合は、リスニングCDや英語動画で耳を慣らしておくのもお勧めです。

 

まとめ

 

英語は中学校に入ると、急に難しくなると感じることがあります。
ですが中学校で教わることこそ基礎であり、小学校の延長線のさらに延長線にあるものなのです。

 

大切な要素はほかの教科となんら変わりありませんし、国語を勉強するのと同じと考えてもいいでしょう。

 

英単語を覚えて英文法の基本を押さえれば、応用した文章が出てきても日本語に訳すのはそれほど難しいことではありません。

 

また自分が考えた文章を英語に訳すと言うのも、簡単にできるようになるでしょう。
例えば英語で手紙を書いてみると言うのも、一つの方法です。

 

誰に宛てても構いませんし、未来の自分に宛てた手紙でもいいので書いてみてはいかがでしょうか。
難しいと言う場合は、お気に入りの本の一部を英語に訳すと言う方法もあります。

 

後はひたすら英語に耳を慣らして、日本語と英語が同時に訳せるくらい基礎を身につけてみてはいかがでしょうか。