中学生の数学には攻略法があるの?簡単に分かる仕組みとは

数学の勉強

中学校に入ると難しくなる教科は様々ですが、その一つが数学と言われています。
数学はxやyを使うようになりますし、グラフの見方や考え方もワンランクアップします。

 

公式も増え、時間や距離の求め方などたくさんのことを覚えなければなりません。
そのため難しいと感じる子が増えるのは必然的なことと言えますが、数学の攻略法はあるのでしょうか。

 

もし数学が簡単と感じられれば、数学の時間が楽しくなると思われます。
中学生が、数学を楽しいと感じるための数学攻略法について見てみましょう。

 

基本問題を抑えよう

 

数学で最も重要なことが、基本問題を押さえることです。
基本さえできていれば応用が利くと言う人も多いのが、数学とも言えるでしょう。

 

小学校の内容が基本になる

 

小学校で習った算数をさらに応用させたり、分かりやすくしたりしたのが数学です。

 

そこには覚えなければならない公式がありますが、小学校で覚えたことを応用させれば、覚えることはそれほど難しいことではありません。

 

どうしても公式が覚えられないと言う場合は、何度もノートに書いたり口に出して音にしてみたりするのもお勧めです。

 

複雑でたくさんあって覚えにくいと思いがちな公式ですが、基本となる部分ですから覚えましょう。

 

問題をたくさん解く

 

数学は問題をこなしてなんぼと言われるほど、問題を解くことが大切です。
問題をとにかく解いていくことで、公式の仕組みや数の関係も分かっていくでしょう。

 

教科書に出題されている問題でもいいですし、学校のワークスがあれば利用しましょう。
足りなければ市販のテキストを購入したり、塾に通っている子は塾のテキストを利用するのも一つの方法です。

 

問題を解くことで公式にも強くなれる

 

公式を覚えると言うことにもつながりますので、同じ単元の問題をたくさんこなしてみてください。

 

そうすると同じような問題が出て来た時に、すぐに公式を当てはめることができるでしょう。

 

問題文には共通点も多く、同じ公式を使えばいい問題は数をこなせばわかるようになります。

 

そうすれば後はケアレスミスなどに気を付けるだけですから、苦痛にはならないのではないでしょうか。

 

前の単元が次の単元につながる

 

数学は新しい単元に入ったら、0から始めなければならないと言うことはありません。
実は前の単元から、次の単元はつながっていることが多いのです。

 

連続していなくても、前に習ったことが新しい単元で活かされると言うことは多々あります。

 

もちろんそこには足し算や引き算、掛け算に割り算といった基礎が必要ですが、これは小学校で既に身に着けていることです。

 

中学校の数学は小学校の算数の応用であり、小学校の基礎が大切です。
そして新しい単元を理解するには、前の単元の基礎が大切ということなのです。

 

基本を理解しながら応用させる

 

図形でも計算式でも、どんどん応用を利かせていくのが数学の進み方ですから、基本を押さえてつながりを見つけましょう。

 

つながりが見つかれば、数学はそれほど難しいものではありませんし、攻略もできると考えられます。

 

分からないところがあれば、理解できるまで先生に聞くと言うことももちろん大切です。
一つ一つ身に着けていけば、数学はもう怖くないでしょう。

 

まとめ

 

算数と言う名称から数学という名称に変わると、突然難しくなったように感じてしまいます。

 

身構えてしまうため難しいと判断して、小学校の頃は得意だった算数が、数学になって苦手になったと言う子も実際に見受けられるほどです。

 

しかし数学は基本さえ押さえておけば、後はどんどん新しい単元で応用していくだけです。

 

数学は覚えることが多いので、つながりを見つけることはできないと言う子もいますが、見直してみれば公式や解き方につながりを見いだせるでしょう。

 

そのためにはまず公式を覚え、解き方を覚え、問題をこなし、今やっている単元のポイントを押さえてください。

 

前の単元を押さえれば、新しい単元に移っても以前の記憶を引っ張り出して、つなぎ合わせることができるでしょう。

 

もちろんそこには算数から導き出されるものもありますし、数学から導き出されるものもあります。

 

それをどのように組み立てていき、自分の力とするかによって攻略することができるでしょう。