中学生が国語の成績をアップさせるポイントについて

国語の勉強

中学校の国語は、小学校と似ているようでレベルが上がります。
というのも古文や漢詩が出てきますし、小学校の時以上に読解力を求められるからです。

 

小学校でも漢詩は多少触りますが、中学校ほど本格的に習うわけではありません。
そうするとレ点の使い方や、現代語訳など難しいと感じてしまうことも多いのですが、基本を押さえれば国語の勉強は難しくありません。

 

では国語の成績をアップするためのポイントが、どこにあるのか見てみましょう。

 

漢字と慣用句を覚えよう

 

小学校の時から習ってきた漢字は、中学校に入るとさらに増えます。
教科書を見れば新しい漢字がたくさん出てきますので、書き取りをして正確に書けるようにしましょう。

 

中学校の場合小学校のような書き順を答える問題よりも、ハネやハライなどを正確に書くことができるかが求められます。

 

意味を理解しながら覚える

 

また読み方も正確に読むことができるかがポイントになるので、一つの漢字を使った熟語などをいくつか覚えておきましょう。

 

慣用句やことわざに四字熟語も増えていきますので、意味と合わせて覚えるようにしてください。

 

音読を繰り返そう

 

中学校の国語で大切になるのは、読解力です。
読解力はその字の通り読んで理解する力ですから、単元ごとに筆者が何を言いたいのか知る必要があります。

 

また指示語や接続詞なども複雑になり、何を意味しているのか前の文と後の文をつなぎ合わせることや、意味を理解することも大切です。

 

音読は黙読よりも理解しやすい

 

そのためには文章を読み込むことが大切ですが、いくら黙読してその文章の意味を理解しても、入試などで見たことがない文章が出て来た時に活かされるとは限りません。

 

黙読をして文章を覚えるよりは、音読をして言葉の意味や文章のつながりを覚えた方が新しい文章が出てきても筆者の意図が分かりやすいのです。

 

ですから新しい単元に入ったときはもちろん、終わるときも音読をするといいでしょう。

 

新聞や本を読もう

 

国語の読解力をさらに上げるためには、新聞や本を読む習慣を付けましょう。
読書が苦手という方は、新聞のコラムを読むだけでも構いませんし、気になる記事を1日1〜2つ読むだけでもいいでしょう。

 

読み慣れてきたら自身で指示語や接続詞などを見つけ出し、赤ペンを使って文章をつなげてみるのもお勧めです。

 

日頃から読む癖を身に着けましょう

 

成績につながるテストでは、読解力を求める問題が多数出題されます。
ですから読解力があるかどうかによって、点数が伸びるかどうかも変わりますので、普段からたくさんの文章を読むようにしましょう。

 

興味のある分野のコラムやエッセイなど、何でもいいので読んでみてください。
もちろん、今習っている単元の文章を読み進めるのも大切です。

 

ですから1日の中で、読書の時間と国語の勉強の時間を分けてみてください。

 

たとえば朝起きたらコラムを読んで、学校から帰って勉強するときは教科書を読み、寝る前に本を読むと言ったようにです。

 

本は図書館で借りてきたものでも今話題の本でもいいですから、全部読むことができそうなものを選んでみてください。

 

まとめ

 

中学校に入ると国語が難しくなったと言う子と、変わらないと言う子と分かれます。
それは覚える漢字が増えたり、慣用句や漢文に古文と単元も増えるからでしょう。

 

学校のテストの成績を上げるだけなら、ワークスをやりこんで問題と傾向を覚えれば大丈夫です。

 

ただ基本的に覚えることは漢字や慣用句など、小学校の頃と変わりません。
プラスαの要素があると言うだけですから、特に難しく考えることはないのです。

 

一つポイントとなるのは成績を左右するテストの点数配分が、漢字だけで20点ほどあり、残りは読解力を求められると言うことです。

 

ただ国語はほかの教科と違って、それほどテスト範囲が広くありません。
ですからテスト対策では、ワークスや漢字をとにかくやり込めばいいでしょう。

 

最終的に受けることになる入試や、外部テストの場合は今まで見たことがない文章が出題されます。

 

対応するためには日ごろから新聞や本を読み、読解力を身に着けていく事です。
読む習慣をつければ無理に勉強しなければという気持ちになることもないのではないでしょうか。