ノートとルーズリーフどちらが良いの?それぞれの使い方とは

ルーズリーフ

中学生になると先生から指示がない限り、ルーズリーフを使うと言う子もいます。
ただノートにもルーズリーフにも、メリットとデメリットがありますから、一概にどちらを使うのがいいとはいいがたいです。

 

ですから、ノートとルーズリーフを使い分ける方法を覚えておきましょう。
授業の時は大半がノートを使用し、家庭学習用としてルーズリーフを使用する人が多いと思いますが、それぞれの使い方について見ましょう。

 

上手に使い分けることができれば、学習の効率もアップするはずです。

 

書きやすさ重視のノート

 

授業を受けるときは、ノートを使うと言う中学生が多いようです。

 

ノートのメリットは、柔らかさと書きやすさです。
紙も閉じていますから、紛失すると言うことがありません。

 

ノートは管理が難しい面もある

 

一方でデメリットは、新しいノートが必要な時にないことがあると言うことでしょう。
ノートには限りがありますので、なくなる前に買い足しておく必要があります。

 

またノートを開くと真ん中がくぼんでいるため、書きづらいと言うこともあります。
ノートは紙質が書きやすいというメリットがある反面、管理が難しいと言うデメリットもあるのです。

 

ルーズリーフは複数の科目をまとめられる

 

ルーズリーフはページが着脱式になっていますから、複数の科目を1冊で管理することができます。

 

必要なページを抜き取って読み返すこともできますので、荷物がかさばらないと言うこともあります。

 

付箋を付けて分野や単元ごとに管理することができたり、ページが余らないのはルーズリーフ最大のメリットと言えるでしょう。

 

ルーズリーフは紛失しやすい面もある

 

ただノートを提出するときはルーズリーフが不可だったり、ページを一度離すと失くしやすいというデメリットもあります。

 

バインダーを忘れてしまうと特に紛失しやすいので、管理をしっかりしなければなりません。

 

ノートとルーズリーフには、このように逆のメリットデメリットがあるのです。

 

ノートとルーズリーフの使い分け

 

ノートとルーズリーフは、上手に使い分けることがポイントです。
例えばノートを授業で使用し、家庭学習をルーズリーフにすると言った方法です。

 

提出はノートという学校が多いようなので、授業にノートを使った方がいいでしょう。

 

それぞれのメリットを上手に活かす

 

ルーズリーフにひたすら計算問題を書いて解いてつづっておけば、進捗状況も分かります。
苦手な部分を前の方に差し込んでおけば、今日はどこから勉強すればいいのか一目瞭然です。

 

授業で聞いたことをノートにまとめ、さらにルーズリーフにまとめるのもいいでしょう。

 

暗記科目の場合は、ノートの重要な部分を隠しながら、ルーズリーフに解答を書くと言う方法もあります。

 

またテキストを解くときに、問題集を見ながらルーズリーフに書いて連ねておけば、何度でも同じテキストを使用することができます。

 

もちろん授業にルーズリーフを使い、家庭学習のノートを使うと言う方法でも構いません。

 

ただ家庭学習の方が量は多くなりますので、大量のページをつづっておけるルーズリーフの方が適していると考えられます。

 

逆にたくさんつづると重くなって荷物になるルーズリーフより、コンパクトで持ち運びしやすいノートは授業に使う方が精神的にも楽かもしれません。

 

まとめ

 

小学校の頃は使えなかったルーズリーフを、中学生になったから使おうと張り切ってしまうと失敗することが多いです。

 

中学校の勉強は授業と家庭学習の連動になりますので、ノートとルーズリーフをうまく使い分けることがポイントになります。

 

小学校の頃から使い慣れてきたノートは、その意味でも授業向きと言えるかもしれません。

 

逆に収納場所が限られている自宅に保管するなら、ルーズリーフの方が1つのバインダーに複数の教科をまとめておけますので便利と言えます。

 

後はあなたがどのようにノートをまとめていくかにより、ノートとルーズリーフの活用法は変わります。

 

それぞれメリットもデメリットもありますから、両方を捉えた上で使い分けるようにしてみてください。

 

上手にノートとルーズリーフを使い分けることができれば、勉強のモチベーションも上がり勉強が進むでしょう。