中学生が定期テストを乗り越えるための学習方法について

学習方法

中学校に入ると定期テストが開催されます。
中間テストに期末テストそして総復習の学年末と、今まで習ったことから問題が出題されますが、勉強法はどうすればいいのでしょうか。

 

学習塾に通っていれば対策が取れますが、定期テスト対策が分からずうまく勉強ができないと言う子は意外と多いようです。

 

自宅学習でも、定期テスト対策がしっかり取れる学習方法について学んでみませんか。
学習方法が分かれば、定期テスト対策もはかどることでしょう。

 

中学から難しくなる数学と英語

 

全国に学習塾を展開する企業の講師によると、定期テスト対策は科目ごとに変わるそうです。

 

例えば苦手な子が多い数学は、問題数をとにかくこなすことが大切と言われています。
普段から勉強をしておき、定期テスト前に総復習をして分からないところをさらうのです。

 

学校のテキストなどにある問題文を見たときに、解き方がすぐにわかる場合は、問題ありません。

 

しかし解き方がすぐに思い浮かばない場合は、その分野を徹底的に勉強しましょう。

 

授業内容を聞き逃さないことも大事

 

中学校から難しくなってくる英語は、試験範囲を確認してテキストなどをやりこむようにするのがおすすめです。

 

特に英語は先生が定期テストに出ると教えてくれる、あるいはサインを出すことが多いので、しっかりノートを取って見直すようにしてみてください。

 

読み解く力が求められる国語

 

国語の定期テストは漢字の読み書きもありますが、文章問題の方がメインです。
ですから文章を読み解く読解力が求められます。

 

入試では今まで見たことがないような文章が出題されますから、読解力は必要不可欠です。

 

一つ一つ理解しながら勉強を進める

 

たとえばこそあど言葉が出てきたら何を指しているのか読み解いたり、筆者が何を言いたいのか読み解いたりしましょう。

 

説明文を求められることもありますので言葉の意味を理解し、自分の言葉で説明できることも大切です。

 

指示語や接続語さらに副詞と言った言葉も、空欄を埋める問題として出題される傾向にありますので覚えておくといいでしょう。

 

小学校の知識を増やす理科と社会

 

理科と社会は、すでに小学校で習ったことに、プラスアルファの知識を付けていくことになります。

 

理科は特に生物と科学と物理、そして地学に分けられますのでそれぞれの勉強法がポイントです。

 

定期テスト対策では今まで習ったことが出題範囲になりますので、ノートやテキストをさらえばいいと言う声がたくさんあります。

 

割と理科はほかの教科に比べて学習しやすいと言われている教科ですから、ノートなどを見返した時に自分で理解できるようにしておきましょう。

 

試験範囲の復習をしっかり行いましょう

 

社会も範囲が決められており、そこからしか問題は出題されません。
ですから授業を聞いた時に先生が大切と言った部分を覚え、ドリルでおさらいするのがおすすめです。

 

理科と社会は今までの学習を振り返る教科と言えますので、問題をさらって分からない部分を改めて覚えるようにしましょう。

 

まとめ

 

中学校になると定期テストが行われ、たくさんの勉強をしなければならないとおっくうに感じる子もいます。

 

ですが基本的に今まで習ったところからしか出題されませんので、意外と勉強する範囲は狭いのです。

 

毎日の勉強の積み重ねが、そのまま定期テストに反映されると考えるといいでしょう。
教科によって定期テストの学習方法はポイントが変わりますので、覚える所は覚えるようにし、復習するところは復習するようにしましょう。

 

また事前にワークやテキストを購入し、定期テスト対策として問題を解くのもお勧めです。

 

塾に通っている場合は、塾のテキストを何度も繰り返すのもいいでしょう。
学校のワークスがある場合は、こちらも活用してみてください。

 

教科も増え、テストも難しくなると身構えがちな中学校の定期テストですが、必ずしもそうではありません。
小学校の頃の勉強にプラスαしたものが、中学校の定期テスト対策と考えてみてください。

 

中学校入学前に身に着けた学習方法や能力、知識は中学校に入ってからさらに伸び続けます。

 

そう考えれば、定期テスト対策も難しく考えることはないのではないでしょうか。