中学生の理科は何を重視すべき?点数アップのポイントとは

理科の勉強

中学校に入ると、理科は元素記号や物理の公式など、難しい問題がどんどん増えていきます。

 

覚えることが一気に増えると、難しいとか苦手とか考えてしまうのですが、コツをつかめば難しいことはありません。

 

理科で大切なことは、分野ごとに覚え方を変えることです。
そう言われるとやはり難しいと思ってしまうのですが、ポイントを押さえれば特に難しいことはなく、ほかの教科と同様に考えることができます。

 

では中学校の理科は、どのようなことを重視して、点数アップにつなげればいいのでしょうか。

 

ほとんどが暗記問題

 

理科には

  • 生物
  • 化学
  • 物理
  • 地学

と言った4つの分野があります。

 

高校に入るとこのうち2〜3分野のみ選択することになりますが、中学生はすべて勉強しなければなりません。

 

4つもあるから難しいと言うことですが、実は分野ごとに勉強法を変えれば難しいことはないのです。

 

どの分野も基本は暗記しておけば大丈夫

 

しかもその勉強法は、ほかの教科と共通することが多いと言います。
例えば生物は用語が多いので、用語を暗記することに専念します。

 

図と照らし合わせて当てはまる用語を埋める問題や、説明文に合う用語をはめる問題が多いので、暗記科目と言ってもいいでしょう。

 

これは地学も同様ですし、化学も図式さえ覚えてしまえば用語を埋めるだけということが多く見られます。

 

物理は計算問題がメイン

 

物理も暗記問題はあるのですが、力学などになると計算問題がかかわってきます。
化学にも似た部分はあるのですが、計算がメインとなるのは中学生のうちは物理と考えていいでしょう。

 

ですから物理分野の勉強をするときは問題数をとにかくこなしてください。

 

効率の良い物理の勉強法

 

化学式を本格的にするのは高校に入ってからですから、中学のうちは中学校で習う程度の知識で構いません。

 

酸素の発生方法や実験で行ったことをさらって、手順などを確認するようにしましょう。
計算問題を化学でもやったと言う場合は、問題をさらっておくのがお勧めです。

 

ノートを読み返して用語を覚えながら公式も一緒に覚えていくのは、数学の公式を覚えるのと共通しているのです。

 

テストに出るのは1〜2分野

 

定期テストで出題されるのは、4つの分野の内1〜2分野です。
ほとんどの場合が1分野に集中しますので、すべて覚えなければならないと言うことはありません。

 

つまり定期テスト前にしっかり一つの分野を勉強しておけば、入試前はさらって苦手分野を克服するだけということなのです。

 

理科には分野が4つもありますし、勉強方法も異なりますので混乱しやすいです。
ですがテストに出るのはどれか1つ、多くて2つの分野であり、ワークやテキストからしか出題されません。

 

苦手な内容は問題を解くことで克服

 

テスト前の勉強はワークやテキストを解いて、できなかった問題を復習するようにしてみてください。
計算問題が苦手という方は、計算問題をとにかくたくさんこなしましょう。

 

公式を覚えることが物理の攻略につながりますし、実験内容をさらうことが化学の攻略につながるのです。

 

また実際に観察したことをさらうのが、生物の攻略につながると言ってもいいでしょう。
テスト前は実験の手順も忘れずにさらい、対策を立てて点数アップにつなげてみてください。

 

まとめ

 

理科のテスト対策のポイントは、ほかの教科と同じに考えて構いません。
テスト範囲を確認した時に、地学や生物分野であれば、暗記を中心に考え普段の勉強の復習をしましょう。

 

市販のテキストで構いませんので穴埋め問題をこなし、分からない部分を改めて暗記するようにしてみてください。

 

物理は計算が多いので、テキストなどで計算問題の数をこなしましょう。
化学は計算が入る場合もありますし、暗記メインの場合もあります。

 

テスト範囲を見てどちらを中心にやればいいのかチェックし、テスト対策を立ててみてください。

 

また化学の場合は実験内容が出題されることも多いので、実験の記録などを見直すようにしましょう。

 

このように理科のポイントアップのポイントは分野により異なりますが、ほかの教科と共通することが多いので、それほど苦にはならないはずです。

 

頭の切り替えをしながら勉強を進めることで、理科のテスト対策もできるのではないでしょうか。