中学生が知っておきたい夏休みなどの長期休暇の過ごし方

勉強

長期休暇は、旅行やお出かけイベントなど楽しみなこともたくさんあります。
夏休みなら海や花火などが、冬休みならウィンタースポーツやお正月イベントなどが楽しめるでしょう。

しかし長期休暇中に勉強をおろそかにすると、新学期に入ってから授業についていけないと言う不安も生じます。

新学期が始まっても授業を理解し、テストなどで困らないためには長期休暇中どう過ごせばいいのでしょうか。
中学生にとって大切な長期休暇中の学習方法について見てみましょう。

復習に重点を置く


新学期が控えていると、期末テストも直前にあったため予習をしようと考えがちです。

しかし長期休暇中は今まで習ったところの総復習をし、苦手分野を克服するのに当ててみてください。

定期テストを終えたばかりと言っても、全教科100点ということはなかったでしょう。
むしろ全教科100点を取ることができる人の方が稀です。

苦手科目を克服するつもりで復習を


もしあなたが定期テスト前に勉強が足りなかったと思うなら、もう一度さらうといいでしょう。

満足のできる点数だったけれど、苦手分野が残ったと言う場合は、そこを重点的に復習してみてください。

全体的に大丈夫だと思っても、テキストをやり直すと苦手分野が見えることもあります。
ですからその学期で習った問題集をやりこむのも、一つの方法です。

宿題は別に考えよう


長期休暇に入ると宿題があるため、宿題をすれば勉強はしなくてもいいと考える子がいます。

しかし宿題はあくまで宿題であって、勉強とは別物です。

宿題は先生が夏休み中に復習してほしい部分をまとめて出したり、自分で研究をしたりするものが大半です。
いわゆる提出物であって、自分の不得意分野を勉強するのとは違います

宿題を活かした復習の取り組み方


長期休暇中に徹底したいのは復習という意味では宿題と同じですが、復習の中でも苦手な部分を洗い出し克服するのが、メインと考えましょう。

例えば午前中は宿題をやって、午後からテキストをやり苦手分野を洗い出すなど分けて考えてみてください。

塾の講習に通う方は休みの前半に宿題をして苦手分野を洗い出し、後半で復習すると言う方法もいいでしょう。

生活にメリハリを


長期休暇に入ると学校がありませんから、ついだらだらと過ごしてしまいがちです。
昼近くまで寝ていたり夜遅くまで起きていたり、また1日中遊んですごす人もいるでしょう。

ですがだらだら過ごしていると、それだけ勉強する時間は減り、新学期の準備も進みません。

生活にメリハリをつけて、休む時間と勉強する時間を分けることで、集中力も増すでしょう。

勉強を進めるためには集中力が必要ですから、生活にメリハリをつけてみてください。

生活のリズムを意識した過ごし方


朝は普段通りの時間に起きて、午前中に勉強をするのもいいでしょう。
お昼からは少し休んで、夕方から宿題をするのも構いません。

逆に学校で過ごすときのように、夕方まで勉強や宿題をして、夕方以降は休むのも一つの方法です。

休む時と勉強をするときのメリハリをつけることで、新学期からの心構えも作ることができるのです。

だらだらと過ごしていては新学期からやる気が起きず、勉強もおろそかになりがちですから長期休暇こそ生活のリズムを大切にしましょう。

まとめ


長期休暇は夏や冬だけではなく、ゴールデンウィークにシルバーウィーク、さらに春休みも含むと言う方もいます。

1カ月近く続く休みこそだらけやすいので、生活にメリハリが必要ですし、1週間程度の休みでも生活のリズムは大切です。

遊ぶこともいいですが、今後のことを考えればやはり勉強をする時間は大切にしたいものです。

新学期から始まる授業は前の学期の延長線上にあるものですから、復習をしっかりして苦手分野の克服に努めて見てはいかがでしょうか。

宿題は基本的に前の学期の復習になりますので、そこから苦手分野を見つけて残りの休み期間で克服するのも構いません。

勉強をする時間を取り、勉強をするときは勉強をする、休む時は休むという過ごし方が新学期からの学習への集中力を変えると言ってもいいかもしれません。

まずは長期休暇に入る前に、長期休暇中の学習計画を立てて見てはいかがでしょうか。